最新記事
プロフィール

クギベラ

Author:クギベラ
相方と共に2017年6月会社を退社、現在無職。
2人でブラブラしてます。
好きなもの: 
山 海 酒 映画 本 天津飯
愛知県尾張地方に住んでます

アクセスランキング

人気ブログランキングへ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ

熊野古道を歩く☆正月 後半

12月31日
6時起床
準備して8時出発。

いよいよ熊野古道を歩きます 

大門坂の石段を登ると土産物屋が並ぶ坂。
さらに階段を登ると・・・

那智の滝と三重の塔
三重の塔

熊野那智大社
那智大社
本日は暴風。風でおみくじの箱がひっくり返り、ぶわぁぁーーー 
と散乱。
参拝者の人海戦術で小さなおみくじを拾って集めた。
私も50枚ぐらいは拾ったかな?

青岸神社。
青岸渡寺
この鐘楼横の石段から熊野古道に突入。

天気は良いけど気温が低い。
その上の強風で、立ち止まると風に体がさらされてグイグイと体温がうばわれていく。
歩きながらお菓子を食べ
立ったままで素早くパンを食べる。

ちょくちょく視界がひらける。
写真だと枠外だけど、紀伊大島も見える。
紀伊大島も見えた

本当は大雲取山に行く予定だった。
でも「私、行かない」
と相方クンに主張すると「どうして?」


言い渋りながらも・・・
「右足、痛い。大雲取山やると、下山が致命的になるかも」
と打ち明ける。

そうなんだよね。
昨日、なんかの加減で痛めた右くるぶしが歩くにつれてズキズキと。

相方クンが
「いつも先行したがるヤツが、俺の後ろについてくるから
なんかおかしいなぁと思ってたよ」

白状したらホッとした。
しばらく歩くと、ものすごく立派な地蔵茶屋へ到着。
電気も点く。外にはトイレもあり。
もちろん宿泊は禁止。時間外は施錠しているらしい。
地蔵茶屋
靴を脱ぎ、足をマッサージしながら休憩。
ガイドブックで今日の目標地点をチェック。

旅籠跡。
旅籠跡

後半の降りで、右足の痛みがひどくなった。ストックを使いながら
必死に下りつつ、うわ言のように「小口に着いたらジュースを買うんだ」

小口に到着。

小さな村、小口で唯一?の商店前にある自動販売機でCCレモン購入。
テントを張った直後、缶をプシューー  
あーーー 最高に幸せ。
本日、頑張って歩きましたっ

ccレモン


夕飯の鍋を食べ、寝袋に入ってラジオで紅白歌合戦を聞く。
いつもは相方が先に寝ちゃって、私が1人聞いてるってパターンだけど
今回は私の方が先。21時過ぎに気を失った・・・

2011年1月1日
むむ!!
0時半過ぎ、ふいにガバッと起きる。
あっ!大変だ!なぜか急に、ひらめいた!
「私、ストックを自動販売機に忘れてきたかも?!」

真っ暗なテントの中、ヘッドライトをつけてストックの姿を探す。
もしかして、テントの外に置きっぱなし?
ゴソリと靴を履き、テント周辺をチェック。

やっぱり無い。 自動販売機だ・・・
テント内に戻り、出かける準備をする。
と、相方クンが目を覚ます。「どうしたの?」
「ストック、自動販売機の所に忘れたみたい。気になって寝られないから取りに行って来る」

朝になってからでいいよと言う相方と押し問答になるうちに
「俺も一緒に行くよ。」とムックリと起き上がった相方クン。

さて・・・ 準備していくか・・・
とグルリと見渡した相方の照らすヘッドライトの先に
私の探していたストックが転がっている!!

どうして?? 探したのに??


「あるじゃん。ちゃんと探せよ!」
「探したんだってーーー!」

何やっとんじゃーーー  無かったんだってーーー
と問答するうちに
ぶぶぶぶっっ  爆笑


改めまして・・・ 正座して、相方クンに挨拶。

あけましておめでとうございます
本年も (間抜けな私を) よろしくお願いいたします

朝です。
テントを撤収して出発。
小和瀬橋を渡ると民家の中を抜ける石段の古道。

「おはようございます」
「おめでとうございます」
おばあちゃん達が、庭先を掃除しつつ
私たちに挨拶してくれる。

山の中に突入し、石段が続いた。
次第になだらかな山道がチョクチョク増えてくる。
2日目
天気も良いし風も昨日よりは静かで
とっても気持ちいい!

桜茶屋に到着。
この辺りが小口から始まる「小雲取越」のなかで一番標高が高い地点。
460mぐらいの高みだけど眺め良いです。
桜茶屋
ここから見える正面の山が、昨日越えてきた大雲取越(標高870m)
昼食のパンとワカメスープを食べながら、ベンチに座って休憩。
このベンチの後ろには立派な東屋があります。

百間蔵(ひゃっけんくら)
百間ぐら
「くら」とは「高い崖」という意味。
幾重にも重なる山々。眺め、最高!!

相変わらず足は痛いけど
いつもの登山と違って
「山を越えていく旅」というのは新鮮で楽しい。
さぁ 後半の下り、頑張ろう!

ひょいっと町に到着。
請川
橋の手前にコンビニ発見!
やったーーーー  肉まんとビールを買うぞ!
・・・ 閉まってた。考えてみたら今日は正月

キャンプ場まで歩く。
川湯野営場木魂の里  ¥800/人
キャンプ場
オートキャンプ場って行かないから知らなかったけど
スゴイことになってるのね!!
大きなテントに薪ストーブでキャンプを楽しんでいるグループが沢山!
テントから煙突がニョキニョキ立っている。
あぁ ストーブか・・・ 暖かいだろうなぁ 

テントを張る。
腹ごしらえ。サンマの味噌煮パックと炊き込みご飯のパック。
味噌汁とビール。
さんま味噌煮

温泉♪
川湯温泉の公衆浴場へ。250円
川湯温泉
あー さっぱりしたよ!

再びテントに戻り夕食。
辛ラーメンに高野豆腐、干しシイタケ、マロニー
わかめ、餅などを投入。味噌で味を調えると結構いいツマミに。
辛ラーメン

1月2日
歩いて朝一番の川湯温泉「仙人風呂」へ。
冬期に川をせき止めて造られている無料の温泉。

温泉の脇に立てられた簡易の更衣室で水着に着替えて入浴。
気持ちいいねぇ。気づけば1時間以上入ってた。
仙人風呂

テントに戻り撤収。朝ごはんのパンを食べると
持ってきた食料ほとんど全てを食べつくした。

ここから4~5キロで最終目標地点の熊野本宮大社。

お腹空いてきた。でも食べ物は飴1個しかない。
早く町に着きたい・・・

熊野本宮大社に向かう車の渋滞を横目に、町の入り口に到着!
1件目の商店で食材調達。
ラーメンに餃子を入れようね!
ビールも買って、河原に下りて昼食タイム。
恐怖のランチ
調理に失敗。水が少なすぎた。
塩辛くドロドロのラーメン。腹が減ってなければ食べられなかった

とにかくお腹だけは一杯になった。
気を取り直して
いざ熊野本宮大社へ!
熊野大社
参拝待ちの大行列。
参拝にこだわらない私たちは、行列を横目に先へ進む。

到着!
何も無い空間で手を合わせて拝む。
甘酒を頂戴した。
熊野本宮大社

ヤタガラスの黒いポストがあった。
ここに投函した郵便物、ちゃんと相手に届くそうです。
ヤタガラス

のぼり
神のお使いのシンボル、ヤタガラス。
サッカーの日本代表ユニフォームにもマークが付いてるそうだ。

ここからスタート地点の大門坂駐車場へ戻るにはバスを利用。

バスに乗り → 渋滞もあり1時間45分ほどかかって那智駅に到着。
那智駅からバスを乗り換え → 10分程で大門坂駐車場へ到着。

温泉は蓬莱の湯 420円
久しぶりにドライヤーを使って髪の毛サラサラっ

夕飯を回転寿司 和歌丸で食べ
Uターンラッシュに捕まらない様に今夜帰宅することに。

(相方が)車を走らせ
帰宅したのは日付変わって1月3日 夜中2時半頃。

初の熊野古道。
歩いて旅する楽しさを満喫した。
他のルートも歩いてみたい 

足の痛みは1週間経っても名残有り・・・

テーマ: 国内旅行
ジャンル: 旅行

black stone cherry
読書ログ
お天気

-天気予報コム- -FC2-
かうんたー