最新記事
プロフィール

クギベラ

Author:クギベラ
相方と共に2017年6月会社を退社、現在無職。
2人でブラブラしてます。
好きなもの: 
山 海 酒 映画 本 天津飯
愛知県尾張地方に住んでます

アクセスランキング

人気ブログランキングへ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

監督:フィリダ・ロイド(2008年”マンマ・ミーア”の監督)

主演:メリル・ストリープ



1979年から1990年まで英国首相だったマーガレット・サッチャー

食料雑貨商の店に生まれたマーガレットは1959年に下院議員に初当選。

強い意志と努力で、階級社会であり男社会である大英帝国の首相になる。


iron_lady_film_poster.jpg

彼女の政権下であった時代は
かなり難しい政治判断が要求されたときだったのでは。

フォークランド紛争

そしてIRAとの戦いと交渉。
IRA(アイルランド共和軍)を題材にした映画は数多いけど
その中で私の印象に残っているのは
「クライング・ゲーム」と「父の祈りを」
イギリスという国のダークサイドを知った映画でもありました。



Meryl-Streep-The-Iron-Lady-movie-still_pop_13792.jpg


そして1989年のベルリンの壁崩壊。
世界はグルリと違う方向に動き出した。

09.jpg


この映画では現在の「晩年期」を迎えたサッチャー氏と
若かりし頃、政治の中枢を担っていた頃と
時代と記憶が交差して物語が進んでいく。


映画の原題は、マーガレット・サッチャーのニックネームでもある
The iron lady (鉄の女)

日本では、表題に「鉄の女の涙」とついている。

強い女の弱い面を強調したかったからなのか?
これ、私は気に入らない。


人間だから弱い面は誰でも持っている。
でも、彼女は確実に時代を切り開いた。
maggie.jpg

シンプルに 「鉄の女」

それが、この映画に相応しい題なのでは?

テーマ: 洋画
ジャンル: 映画

black stone cherry
読書ログ
お天気

-天気予報コム- -FC2-
かうんたー