最新記事
プロフィール

クギベラ

Author:クギベラ
相方と共に2017年6月会社を退社、現在無職。
2人でブラブラしてます。
好きなもの: 
山 海 酒 映画 本 天津飯
愛知県尾張地方に住んでます

アクセスランキング

人気ブログランキングへ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ

地蔵尾根から仙丈ケ岳☆後編

 9月29日
おはよーございます。

同宿の単独行の男性、Hさんが起床。つられて、起床。
小屋は窓が無く暗いので、Hさんがいなかったら永遠に寝ていたかも知れない。

朝食のラーメンは、もはや定番となった「ラ王」の味噌味とパン。
Hさんが一足先に出発。

私たちは相方のザックに必要なものを詰め込んで
あとは小屋にデポ。
6:25出発。


苔むした気持ちの良い登山道。
130929SENZYOONTOP.jpg


2人でザック一つなので、交代で背負うことにした。

まずは相方が30分背負う。

次は、私。
でも、ザック無しの方が自由感があって楽しいな。

次、
背負ってたザックを相方に渡して交代。

その後は、もう30分経ったかなー?と思いつつ
特にその件には触れずに、手ぶらでのん気に登った。

(結局、この後私がザックを背負うことは無かった サンクス相方)


展望が開けるところでHさんに追いついた。
しばし眺めを楽しんでそれぞれに出発。


紅葉が進んでいる。ここをつづらに登ると展望が広がる。
130929SENZYOONTOP (1)


中央アルプスがどーーーん
130929SENZYOONTOP (2)

北アルプスもどーーーーん
130929northalps.jpg

この景色を見ると、もうヤル気しか起きないぜ。



この稜線を登っていく。仙丈ケ岳の山頂には人が見える。
130929SENZYOONTOP (3)



そして左手に甲斐駒ケ岳。その向こうに八ヶ岳。
甲斐駒ケ岳は、昨年、黒戸尾根から登頂。
あの時甲斐駒ケ岳の山頂から眺めながら「仙丈ケ岳、登ってみたいなぁ」って思ったっけ。
130929SENZYOONTOP (5)
仙丈小屋を左下手に見ながら、仙丈ケ岳へ。



9:50仙丈ケ岳山頂(休憩2回)
130929SENZYOONTOP (6)
北岳の向こうには富士山!


今日は、どこに登っても正解だったろう晴天!
   八ヶ岳 鋸岳 甲斐駒ケ岳 鳳凰三山 富士山 北岳 間ノ岳
130929SENZYOONTOP (7)


Hさんと合流。双眼鏡を貸してもらった。
双眼鏡って、新しい世界ですね!
こんな展望の効く日には最高の道具。


双眼鏡で甲斐駒ケ岳の山頂の人々を確認。
130929SENZYOONTOP (8)

私の友人が前日の土曜日に北沢峠から仙丈ケ岳に登った。
アフリカ人のように目の良い彼女は
肉眼で甲斐駒ケ岳と北岳の山頂に立つ人々を確認できたそうだ。
恐るべし能力  わぉ


そんな力が無い私たちは
もっぱら借りた双眼鏡で遠方の山々を眺めた。

もちろん肉眼で槍ヶ岳は見えるけど
双眼鏡だともっと細かいところまで見えて面白さ倍増。

でも、結構な重量の双眼鏡を持ち歩く気にはならない。
願わくば、山頂でHさんと待ち合わせして双眼鏡を借りたい。

130929SENZYOONTOP (9)

Hさんは一足先に仙丈ケ岳から下山して
三ツ石山へ向かった。
道なき道を行くんですね。 イッテラッシャイ!


私たちは、小仙丈ケ岳方面に少し下ったところへ散歩。
130929SENZYOONTOP (10)


中央あたりにあるのが塩見岳。
130929SENZYOONTOP (11)
まだまだ沢山、行ってみたい山々があります。



山頂で1時間半以上遊んで
11:25下山開始。

松峯小屋に13:30到着。
ラーメンを食べてパッキング。

14:20松峯小屋出発。


この鳥ちゃんは何かな?
130929SENZYOONTOP (13)
先輩の熊ちゃんに聞いてみよっと。




相方を先頭に下ると・・・
事件(?)発生!


登りは「ちょっと蜘蛛が多いね」ぐらいの話だったけど


とんでもなく蜘蛛が多い!


恐ろしく蜘蛛が多い!!
登山道に、蜘蛛の糸がかかっている。


相方が拾った木の枝で必死に蜘蛛の糸を絡め取りながら進む。
必然、ペースも落ちる。


「あぁ 気が狂いそう・・・」
と言う相方の後ろを、相方の苦労も知らずにのん気に歩く私。


相方の大変さを実感したのは、木の枝に巻かれ、
綿菓子のような繭のようになった蜘蛛の糸を見た時。
130929SENZYOONTOP (14)
 オツカレサマデシタ!

昨日、そんなに蜘蛛の糸を感じなかったのは
たぶん下山してきたオジサマが蜘蛛の糸を絡め取ってくれた後だったのだろう。
きっと・・・


16:40過ぎ、車に到着。
クーラーボックスに入れて置いたビールが生きていたので
後片付けしながら  ぷしゅぅーー


帰路、分杭峠を通った。看板によると「ゼロ磁場」ということで
注目の場所らしい。
130929SENZYOONTOP (15)
ゼロ磁場ってなんだ?なんだかパワースポットみたいです。
よくわからんけど。



温泉は松川の清流苑
¥400
露天風呂も適温だしサウナもあり。


秋晴れのとっても気持ちよい山でした。
スポンサーサイト

テーマ: 登山・ハイキング
ジャンル: 旅行

black stone cherry
読書ログ
お天気

-天気予報コム- -FC2-
かうんたー