最新記事
プロフィール

クギベラ

Author:クギベラ
相方と共に2017年6月会社を退社、現在無職。
2人でブラブラしてます。
好きなもの: 
山 海 酒 映画 本 天津飯
愛知県尾張地方に住んでます

アクセスランキング

人気ブログランキングへ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
月別アーカイブ

すき焼き&テントは枕@三伏峠 前編

南アルプスの塩見岳を見に、三伏峠泊まりで烏帽子岳に行ってきました。

三伏峠地図


塩見岳、あくまでも「見る」だけです!

今回も一応「登る?」って相談を相方と軽くしたけど
去年行った塩見岳は三伏峠から登り2時間40分下り2時間20分ぐらい
往復で5時間か。(途中、少し走ってのタイムです)
山頂でブラブラする時間も含めると6時間みないと。


日曜日の夕方に野暮用もあるので6時ぐらいまでには帰りたい。
となるとキツイね。




ま、今回は気楽に行こう!
展望では塩見岳に負けない烏帽子岳がターゲットです。


11月12日
6時50分 相方が迎えに来て出発。

松川ICで高速を降りて
山道をクネクネ走る。


クネクネ。。。

大鹿村

気持ち悪くなった。

車で


このへんの写真を撮ったのは相方。
私は、2度ほど車を止めてもらって完全に死んでた



どこから?


鳥倉林道終点の駐車スペースに到着。
紅葉と


簡易水洗の結構綺麗なトイレもあります。

ここで
車酔いした体を癒すため30分ぐらい仮眠をとらせてもらいました

ま、仮眠どころか夢まで見る熟睡でしたが。



11時35分 出発!

林道を歩く!

途中、何かの骨が転がっていました。相方の時計と大きさを比較。
ほね
何の骨なんでしょう??


この林道、CTでは30分なんだけど
私は、そんな時間では全然歩けない。
前回は50分かかった
林道


そして今回も
やっぱり50分かかった!
はぁ~ 長い林道だ。
秋

ようやく登山口に到着!
登山口



森!
茶色の松の葉が落ちてフワフワの地面を踏みしめて行く。
森


最初の30~40分はセッセと登りが続き結構キツイ。
でも、後半はトラバース的になだらかでユッタリと歩けるステキな道。

1時間30分ぐらいで水場に到着。
水を補給して、三伏峠までラストスパート


14時50分 三伏峠に到着!
休憩時間を除くと、登山道から2時間10分ぐらい。


今日は11月とは思えないほど暖かい日。
まだ太陽も明るく照らしている。

テントを張るのは先延ばしにして
とりあえずビール飲もう!
相方と1本をシェア


と、ビールを飲み終わった頃に水場で会ったオシャレな山男子が到着。
テントを張り出す。


うちらもテントを張らないと...
その前に冬期小屋を参考の為に見に行くと誰もいない。荷物も無い。



じゃ、テント張らずにたまには小屋に泊まる?


ってことで
冬期小屋で早めの夕飯♪

スキ焼きです。
スキヤキ
今回は山の中は2時間ぐらいだから重量物持ってきてもいいな
と、重さはあまり考えないメニューにした。

スキ焼き
牛肉  250g
豚肉  150g
春菊
ネギ
ニラ
しめじ 1パック
ごぼう天 1パック
うどん 1袋

今回はビール4本(350ml)ボッカしました!



スキ焼き食べて腹パンパン。
腹ごなしに三伏山に夕日を見に。



三伏山には10分ぐらい。
最高のタイミングで山頂へ!
三伏山
空が徐々に赤く染まっていく。



朱色が広がり、山並が浮かび上がる。
夕焼けロング

360度グルリと展望の素晴しい三伏山。
夕日を存分に楽しんで三伏峠へ下りる。


本日の冬期小屋宿泊者は、私たちと松本から来た山女子1人だけ。
ゆったりのんびりと暖かく就寝(気温4℃)



この夜
相方の枕は持ってきても使わなかったテントでした。
今までで一番贅沢な枕かも??


テーマ: 登山・ハイキング
ジャンル: 旅行

コメント

非公開コメント

black stone cherry
読書ログ
お天気

-天気予報コム- -FC2-
かうんたー