最新記事
プロフィール

クギベラ

Author:クギベラ
相方と共に2017年6月会社を退社、現在無職。
2人でブラブラしてます。
好きなもの: 
山 海 酒 映画 本 天津飯
愛知県尾張地方に住んでます

アクセスランキング

人気ブログランキングへ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
月別アーカイブ

藤原岳?!

晴れか曇りか

とりあえず近場の鈴鹿山脈の鈴北岳を目指す。

6時半過ぎに出発。

相方と、車中でおにぎりの朝食。
 しそわかめ  と  明太子&とろろ昆布


国道306の冬期閉鎖ゲートは、もう開通していると思ったけど
いざ、到着してみると閉鎖!

なぜ?  あ! 工事中だ!!

閉鎖ゲート手前に駐車して林道を歩いていくこともできる。
確かに数台の車が止まっていた。
でも。。。 ここの林道、結構長いんだよね。
ワタシ、林道歩くと足(股)がイタクなりがちだからイヤだなぁ。


で、相方と相談  

地図とにらめっこでなんとなく。。。
「久しぶりに藤原岳に行ってみる?」

トイレもある駐車場、R306沿いの藤原簡易パーキングまで戻る。

相方の鈴鹿山脈登山地図は古い。
彼が社会人になって、暇だから山でも登ってみよう
と、購入した10年ちょっと前のもの。
結局、全然登ってなかったけど。

その地図を見て適当に出発。
とりあえず藤原岳方面へ歩き出す。
鱒養殖所の方に歩いて行くと
養殖所のオジサンが、私たちの行こうとしてた?
道は工事中だと。
「今、みんなが登っている登山道があるよ。教えてあげる。」と


オジサンの説明によると、みんなが登るメジャーな登山道があるとのこと。

せっかくなので、その未知なる登山道を歩くことに。

オジサンの指示通りに行くと辿り着いたのが
白瀬峠登山口。
100_2096.jpg

なだらかな傾斜を登る。
100_2100.jpg



ここまで1時間20分ぐらい。
100_2101.jpg
さて、矢印通り藤原岳に直登するか。。。 と様子をうかがっていると
後から来たカップルは白船峠へ。
その後から来たオジサマグループはペケ印のついた坂本谷へ。


低山って、地元の方とか何度も登っている方が沢山いて
王道っていうより思いおもいの楽しみ方をしているんですね。


私たちは藤原岳の矢印に従う。


次第に雪が多くなる。
100_2104.jpg


そして雪が降り出した。
硬くて小さい雪の粒がパラパラと降り注ぐ。
100_2107.jpg

風も次第に強くなってきたので稜線に出る前にランチにしよう!


スガキヤの台湾ラーメン。
100_2111.jpg
ホウレン草、ネギ、卵入りです。
寒いときに辛いラーメンって最高です!



ほっこりしたのも束の間
「ふんっ」
気合を入れて登り始める。


けど。。。
風も雪も増してきた。
100_2112.jpg
せっかく登っても展望も無さそう。

稜線に出て強風にさらされるのもメンドクサイし。

とってもあきらめの良い私たち。
このまま降りよう!

と決まれば早い、早い。
駆け下りる!
100_2114.jpg


と、鉄塔のところで登りでは気づかなかった分岐が。
どっちが正解?と眺めていると
後から来た単独のオジサマが右へと道をとる。

私たちもオジサマに追従することに。

登りとは違う下山道。
オジサマを追い越し、そしてポコッと帰還した。
あー、ここか!

行きはこの右の道を真っ直ぐ行って左手の白瀬峠登山道。
帰路は、それよりも東側の道。
帰路


そしてR306へ出る。
100_2118.jpg


R306を少し歩き藤原簡易パーキングへもどる。


靴の泥を払っていると、小雨が振り出した。
ちょうど良いタイミングで帰ってきた。

保冷バッグの中
冷えているビールを飲みながら、帰宅

さて、来週はどこへ行こうか?

テーマ: 登山・ハイキング
ジャンル: 旅行

コメント

非公開コメント

black stone cherry
読書ログ
お天気

-天気予報コム- -FC2-
かうんたー