最新記事
プロフィール

クギベラ

Author:クギベラ
相方と共に2017年6月会社を退社、現在無職。
2人でブラブラしてます。
好きなもの: 
山 海 酒 映画 本 天津飯
愛知県尾張地方に住んでます

アクセスランキング

人気ブログランキングへ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ

中国・西安への旅☆3日目の午後

西安 
11月23日 1日目  
   24日 2日目  
   23日 3日目午前 はこちら  


 11月25日 午後

書院門古文化街の後は、バスで移動してショッピングタイム。

石の置物や器。
3点セットで25万円(!)とか買ってらっしゃる方がいました

私はヤッパリお金が無さそうに見えるみたいで、商品をあまり熱心に勧められずに
「以前名古屋に住んでました」という日本語が話せる中国人の売り子さんと
地元の話をして遊んでました。





昼食です。

城壁の南門を少し南に下ったところにあるレストランで。
ビールは20元(350円)


さて、ツアーの皆様は私の勝手な推測で平均年齢60~65歳?

とにかく、私よりぐぐぐっと年上なんですが
食欲旺盛な上に、食べるのが早い!!
131125seian 3rd (23)
中華は大皿が次々と運ばれてきて、みんなでシェア。
新しい皿が来ると、皆さんの箸がのびて あっ と言うまに空に。

別に、量が少ないわけじゃなくて、料理の量は結構あるんですよ。
皆さん、食べる量が多い!そして早い!

出遅れると、自分の分が無くなる!ということで
相方と私は協力してせっせと自分たちの分を確保する作戦に出ました。

特に私はノンビリ食べる方なので、
まずは食べるよりも料理の確保を優先しないと
色々な種類の料理が食べられない・・・
確保優先だ! この旅で学びました!


それでも、この昼食では2種類出た麺のうち、1種類が気付いたら無かった。
この勝負、相方と私チームは負けです!!


味は皆で奪い合いになるほどに、とっても美味しかったです。
それに、やっぱり中華の大皿料理は、みんなでワイワイ食べるのが楽しいですね。
競争して食べる・・・ってのはあまり経験が無く面白かった。
気持ちよいほど皿が空になっていくのは気分爽快!





さぁ 満腹になったところで次の見学先へ。

大雁塔
131125seian 3rd (24)
7世紀に三蔵法師(玄奘三蔵)がインドから持ち帰った経典や仏像などを保存するために建立した塔。


玄奘三蔵は、ビザがおりなかったにもかかわらず
ぶっちぎってインドに向かったそうです。(ガイドさん談)
131125seian 3rd (25)


私たちは観光で訪れましたが
熱心かつ敬虔にお祈りを奉げる方たちが多く
私も改まった気持ちにさせられました。
131125seian 3rd (26)


とは言え、境内で20代ぐらいの男女が楽しそうにバトミントンをしていたり。
きっと地元の方にとっては祈りを奉げたり、様々な交流をしたり身近な場所なんでしょうね。
131125seian 3rd (27)



次は

青龍寺
131125seian 3rd (28)
弘法大師空海が修行した寺です。


この寺の話は、私の母から聞いてました。

青龍寺は四国八十八箇所の零(ゼロ)番札所だそうです。

母は四国八十八箇所の歩き遍路を結願(八十八ヶ寺すべてを巡拝し終えること)し、この青龍寺も訪れています。
131125seian 3rd (29)
相方と私も、いつの日かお遍路に挑戦するかも?
その日のために・・・ まずはゼロ番札所に来たどーーー!





お次は

興慶宮(こうけいきゅう)公園

阿倍仲麻呂の記念碑があります。
131125seian 3rd (30)
阿倍仲麻呂は遣唐使です。(学校で習ったなぁ。)

この碑には、日本に帰りたいと思いながらも果たせなかった
望郷の詩が刻まれている。

公園は紅葉で綺麗でした。
全ての木、根元から1mほど、白く塗られているでしょ?
これは防虫のために薬を塗っているそうです。
131125seian 3rd (31)


公園の外に出ると風船が売られていた。

変な顔のクマ風船だ と見ていると・・・
131125seian 3rd (32)


めっちゃ怒ってるクマもいる!ガァーーー!!
131125seian 3rd (33)



夕飯です。

徳発長 餃子の名店
131125seian 3rd (34)
前菜で
ニンジンのピリカラマリネ
ピーナッツと小魚の炒め物
セロリの炒め物
レンコンのさっぱり炒め
ガチョウの首の煮物
高野豆腐の細切り炒め
サラダ
などなど8~10種類ほど(あまり良く覚えてません。なんせ自分の分確保優先!で戦ってましたから)
の前菜が出た後に水餃子と12種類の蒸し餃子と1種類の焼き餃子。

水餃子にセロリが入っていて美味しかったのでおかわりしました!
おかわりは無料!



ビール20元(350円)
そして、店のサービスで冬虫夏草(ノンアルコール)と
朝鮮人蔘っぽいアルコール度数が30~40度あるお酒。
131125seian 3rd (35)
食事の後は、売り子のお姉さんが来てサービスで飲んだ冬虫夏草とお酒の営業。


営業のお姉さんと、ツアーの方々が値切り交渉をしてる間に・・・
私はガイドの李さんの所で、食事後のフリータイムの為に情報を得る。

タクシーで動こうかと思ってたけど
李さんが「地下鉄が便利」と。
地下鉄!! 知らなかったけど、西安は2年ほど前に地下鉄が出来たそうだ。
乗り方を教えてもらって・・・





相方と私の二人は、オプショナルツアーに行く方、ホテルに戻る方を乗せたバスを見送り


いざ、出発!


西安の地下鉄
日本と違うところは、地下鉄に乗る前にセキュリティーチェックがあります。
カバンをセキュリティーボックス(空港でやるコンベアーに荷物を乗せてチェックしてもらうヤツ)に通す。


そして、タッチパネルの券売機がある。
路線図が表示されるので、行きたい駅名を押すと値段が表示される。
西安地下鉄路線図
現在は東西に走る1号線と南北に走る2号線のみが営業中です。
将来的には6号線まで建設されるようです。


料金は2元(35円)でした。
131125seian 3rd (36)


鐘楼駅に到着。
131125seian 3rd (38)


様々な建物がライトアップされて気分も盛り上がります。
131125seian 3rd (37)


コピーした地図に、行きたいと思って調べておいた「イスラム街」の場所を書き込んでおいたけど、地下鉄を降りて地上に上がってみると東西南北がさっぱりわからない。

うろうろ探すものの、行き方がわからない。


通りかかった男性に聞いてみたら、中国語しかわからない彼は
私の怪しい漢字の筆談を熱心に眺めて
とても親切に「イスラム街」の行き方を教えてくれた。
ありがとうございます!


イスラム街に到着!

ザクロの生ジュースを売っている。
131125seian 3rd (39)


お祭りのようなネオンが輝く街
131125seian 3rd (40)


イスラム街(回坊街)とは
シルクロードの出発点であるここ西安(昔の長安)には回族(イスラム族)の自治区があり大勢のイスラム教徒の方が暮らしている。


シシカバブの香り。食べたいけど、さっき食べた夕飯で満腹。ザンネン
131125seian 3rd (41)
様々な屋台が並ぶ。


ここは中国ではなく別の国に来たみたいに感じる。


お腹は一杯だけど、沢山の屋台を見てたら何か食べてみないと損だな~

あ、このカステラっぽいヤツ、美味しそう。
相方さん、これでどうですか?
131125seian 3rd (42)


買ってみました。
3元(53円)でした。
131125seian 3rd (43)
オジサンが、ピンク色の液体にべちゃべちゃ付けたあとで手渡してくれた。

食べると・・・
あ?お?

意外な感触。むん??
ムチムチしてる。よくよく見ると米がびっしりと固まっているみたいだ。

薄ら甘い予想外の味。

美味しいとは言いがたい変なオレンジ色の物体を食べた。看板には「桂花糕」と書かれていた。


気付けば、かなり時間が経ってた。
地下鉄の終電は22時半頃だって李さんが言ってたな。

そろそろ帰るか。
地下鉄の乗り口を見つけるのに少し手間取りつつも再び地下鉄に乗ってホテルのある「玉祥門駅」へ。


地下鉄駅からホテルまでは徒歩5分程。

その間、信号の無い車が暴走してくる道を渡る必要が!
現地のお兄さんが渡る時にピッタリ後ろについてなんとか渡れた 

ホテルから200mのコンビニで、お土産やビールを購入。

ホテルに戻り、相方とビールを飲みながら日記を書く。





あ、全然関係ない話ですが
このツアー、毎日、1日1人1本のミネラルウオーターがホテルに置かれてるんです。
そして、ガイドの李さんが朝のバスの中で「ちゃんと水はありましたか?」
と確認もしてくれる。
いたれりつくせり。
ツアーの設定もすごいけど、ガイドの李さんの細かい心遣いも素晴しい。

明日でツアー最終日。
なんだか寂しい気もします。









テーマ: 海外旅行
ジャンル: 旅行

コメント

非公開コメント

black stone cherry
読書ログ
お天気

-天気予報コム- -FC2-
かうんたー